BCPSOSとは

BCPSOS

BCPセカンドオピニオンサービス(Second Opinion Service)

レスキュープラスでは、策定済みBCPマニュアルが活用できない・されていない、従業員全員の災害に対する危機意識をもっと向上させたいといった企業様の悩み、BCPマニュアルの実践を任されたもののどこから手をつけていいかわからない防災担当者様の悩みを解決するために、策定者以外の第三者の目線でBCP 診断をする「セカンドオピニオンサービス」を提供します。

従業員の危機意識の向上 知識を意識に、意識を意欲に

BCPマニュアルを作ったから、防災ハンドブックを配布したからというだけで安心していませんか?
防災知識の周知は最初の第一歩ですが、「知識」を配っただけでは危機意識は向上しません。
意識向上にとって最も有効な手法は十社十色。
防災行動の一般常識にとらわれず、全体像と優先順位を考察できるアドバイザーが、意識向上と統一の最善策を提案します。

目的の明確化 B C P の必要性の再確認

被災時の企業にとって最も大切なことは、従業員や家族の安全を確保し、生活基盤を提供すること。
それをなくして真の事業継続はありえません。
その大前提のもとで、会社にとって、そして社会のために本当に意義のあるBCPを防災・災害対策のプロと一緒に考えましょう。

できることの見極め ムリとムダを省いたマニュアルの改訂

貴社のBCPマニュアルは災害対策「規定」になっていませんか?
BCPマニュアルの最も重要なコンテンツは「誰がやっても同じ結果になる」対応手順です。
また、「いつ・だれが・何をするか」は、業務の内容や異動などに応じてアップデートされるべきものです。
貴社にとって「今必要な最低限」をプロの目線で査定します。

我々の使命は
日本の「間違いだらけの防災常識」を正すこと。
災害によるダメージ予測とリスク回避策は
プロにお任せください。

レスキュープラスのBCPアドバイザー

「防災スキルの向上で、個々の危機意識は自ずと高まります」

サニー カミヤ上級災害対策指導官 元国際緊急援助隊所属。元ニューヨーク州救急隊員。台風下の博多湾で起きた韓国籍貨物船事故で4名を救助し、内閣総理大臣表彰受賞。人命救助者数は1500名を超える。世田谷区防災士会理事。一般社団法人日本防災教育訓練センター代表理事。防災コンサルタント、セミナー、講演会など日本全国で活躍中。著書に『みんなで防災アクション! 国際レスキュー隊サニーさんが教えてくれたこと 全3巻』など。災害対策のプロとして報道番組のコメンテーターも数多く務めている。

「適切かつ明確な役割分担が、“機能するBCP”を育てます」

秋月 雅史BCP作成支援担当 1989年 日本アイ・ビー・エム入社。メガバンク担当営業を経験。1997年日系コンサルティング会社に転職、その後外資系・日系IT会社で新規事業の企画を担当。2007年からは企業・団体向けの危機管理体制構築、BCP 策定支援への取り組みをスタート。日本経済を牽引する大企業から中小企業まで多くの会社のBCP強化に寄与している。

「被災者の声を、より強固な災害対策構築に役立てます」

熊谷 仁東京営業所長 1989年 コンサルティング業務を開始。 自衛消防隊の教育訓練に重点をおき、発災後時系列による対応の優先順位付けや、BCPを円滑にスタートさせるための現場初動対応(ダメージコントロール)を提唱。現在の災害対策のスタンダードとなっている。また、自身が開発、製造する火災緊急用防煙マスクは、フルフード型としては国内で唯一(一社)日本消防設備安全センターの個別評定を取得している。 1995年から東京消防庁本田消防団員として災害現場へ出場多数。 公益社団法人 日本火災学会 会員、 特定非営利活動法人 日本防火技術者協会 会員、 火災避難用呼吸保護具技術検討委員会 委員